植物憑現家 史緒 個展 せいじゃのこうしん at 郡山市 MAPLE

今年春に常陸太田市で開催させて頂きました、植物憑現家 史緒 としての個展”せいじゃのこうしん”

6/25から約ひと月ほど、郡山市桑野のMAPLEさん店内にて開催させて頂きます。展示はMAPLEさんの営業時間内にて。

常陸太田の時に比べて、僕の作ったものたちはすっかり魂が抜けて死んでしまったことを感じます。あの時とは、全く見え方が違う。多分、僕の中でも既に死んでいる存在なのだと思います。早く役目を終えてあげたい。

今回の郡山での展示は、お葬式の様です。前向きな意味で。

過去の弔い。

さようなら。

   
   

会場のお店、MAPLEさんでは以前より店内装飾を施させて頂いていたのですが、今回の個展に合わせて装飾の入れ替えもする事になっていました。古い装飾は全撤去して、新たに作り直すつもりでいたのですが、今回はあえて古い装飾の上に新しい装飾を施しました。

生き物は皆、先に生きたものの上に生まれ成り立つもので、そしてそれもまた過去の存在になっていくのです。

生きた花と死んだ花が混在する。ただ、そこに在るだけの風景。今美しい花も死に向かって朽ちていく様を見て頂けたらと思います。

なので瑞々しい今のうちに一度見て頂けると良いかと。

 

嫉妬や執着、劣等感、我を成す全ての悪の華  

過去の自分にも、過去の自分が勝手に生み出した様々な”他”の存在にも

過去の僕と君にも

  

さようなら。

※ハヤシラボへのご注文・ご相談はコンタクトフォームにて承ります。

Copyight © 2014 by hayashi-lab Fukushima Japan
Phone: 090-6225-9497